いつもいい湯芽見ていたい

温泉旅の思い出とか自宅のベランダでの園芸の記録ブログです。ヘッダ画像は黄ラナンキュラスとベロニカジョージアブルーです

和歌山県 龍神温泉

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:さて今回は3/20~21にかけて行ってきた和歌山の龍神温泉リベンジの記事です。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:リベンジ? 前にも行ったことあるの?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:ああ、3年ほど前に一度な。そのときは酒を呑み過ぎて寝過ごして朝食を食べ損ねた挙句、チェックアウト時間を1時間も過ぎた頃にフロントから電話でたたき起こされたんだ。そういうわけで慌てて帰った思い出のままだった龍神温泉に再訪したわけだ。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:そんなドジをやらかしたから思い出を上書きしたかったんだね。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:素直に認めるのは悔しいが、そういうことだ。さて、龍神温泉は結構有名な温泉ですが、和歌山の田辺の山奥の方にあります。車で行った途中では山道に桜がちらほら咲いているのが見えました。もうそんな季節ですね。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:今年はコロナコロナと騒がしくて花見どころじゃない感じだもんね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:そんな話もあとでブログを読み返せば懐かしくなっていればいいんだが、今の時点ではどうなるかもう全く想像もつかんな。さて、泊まった旅館の紹介に行こう。

f:id:etavonni:20200321135918j:plain

f:id:etavonni:20200321140012j:plain

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:「季楽里」と書いて「きらり」と読む。龍神温泉では割と大き目なメジャーな旅館だ。ちなみに前に泊まったときと同じ宿にしたぞ。

kirari-ryujin.com

部屋は純和風だった。ちゃんと旅館のあのスペースもあったぞ。

f:id:etavonni:20200323182334j:plain

f:id:etavonni:20200323182408j:plain

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:公式HPによると日本三美人の湯なんだね。

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:そのとおり、旅館の中にも具体的にどこが日本三美人の湯か書いてあったぞ。

f:id:etavonni:20200321140510j:plain

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:他の二つは群馬と島根にあるんだね。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:それがそうとも限らん。そもそも「美人の湯」とはなにか説明しよう。要するに「炭酸水素塩」の温泉はみな美人の湯と定義される。龍神温泉はナトリウムの炭酸水素塩のお湯だな。これに分類される温泉は日本には二桁以上あって、三美人の湯、というのは自称に過ぎない。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:つまり、売り文句として美人の湯って言ってるわけだね。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:身も蓋もない言い方をすれば、その通りの自称だ。ちなみに昨年入ってきた嬉野温泉などもこの美人の湯に分類される。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:実際の入り心地はどうなの?

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:少なくとも龍神温泉に限って言えば、浸かると少しぬるっとした肌触りで上がった後は肌がすべすべになった気がするぞ。美人の湯につかった後はその成分を洗い流しすぎないようにするのがポイントだ。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:おお、温泉紹介ブログっぽいこと書いてる!

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:このブログは温泉紹介ブログだ。何の変哲もないが記事のメインは温泉だぞ。さて、たまごの軽口に付き合っていても文字数がもったいないので食事の感想に行きます。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:ちなみに「季楽里」の食事は夕食、朝食共にビュッフェ形式です。とはいえ、前述したように食べたことがあるのは前に宿泊したときに食べたのは夕食だけですが。今回は夕食を和風、朝食を洋風で固めてみました。まずは夕食です。

f:id:etavonni:20200321141955j:plain

目玉となる食事は鹿肉(画像真ん中)と猪肉のフライ(画像真ん中左横)でしょうか。山奥の旅館だけあって、普段はあまり食べられないジビエが味わえました。ちなみに右奥に見えるお椀は鴨肉の鍋です。やはり珍しい肉を食べられるのが売りです。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:ビュッフェで食事光景を記事で紹介するのは難しいね。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:まったくだ。しかしそれにしても混雑していたな。新型コロナが世間を騒がせているがみなあまり気にせず旅行に来ている感じだった。私も気にせず温泉旅行していたわけだしな。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:で、今回は無事にリベンジは果たせたわけ?

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:うむ。無事に起きることができ、朝食も味わえたぞ。

f:id:etavonni:20200321142813j:plain

すでに書いたように朝食は洋食にしました。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:温泉たまごって洋食なの?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:貴様は間違いなく和食だが、温泉に来て温泉たまごが食える以上食わないわけにはいかないだろう。さておき、朝食後は朝風呂に浸かることを決めていたので軽く済ませました。そして、これが食後に飲んだ和歌山の備長炭焙煎のコーヒーです。

f:id:etavonni:20200321143345j:plain

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:そういえば和歌山ってびんちょうタンの舞台でもあったよね。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:さておき、慌ただしく帰った記憶で終わってしまっていた龍神温泉をゆったりした思い出で塗り替えた今回の記事はここまでです。読んでくださった方がいらっしゃったらありがとうございました。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:ありがとうございました!





奈良県 野迫川温泉

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:今回は2月に行ってきた奈良県の野迫川温泉の感想記事です。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:野迫川? きいたことないんだけど。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:だろうな。マイナーもマイナーな温泉地だ。しかもこの野迫川温泉のある野迫川村、日本全国で過疎化1位、人が住める面積の率の低さが1位というド田舎中のド田舎だ。途中の車の道もかなり狭く危なかった。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:じゃあのみずさんの好きな秘湯だね。

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:そうだな、秘湯も秘湯だ。温泉地まで行っても近隣には自分が泊ったホテル以外の宿泊施設は見当たらなかった。ちなみに泊まったのはここだ。

f:id:etavonni:20200222172217j:plain

hotel-nosegawa.jp

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:感想としては値段の割にはいい部屋だったし食事も良かったぞ。アクセスの悪さが酷過ぎてこの値段でないと客が寄り付かないんだろう。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:具体的には1万円以下だったもんね・・・。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:ちなみに部屋はこんな感じの和風。この広さで1万円しない温泉宿なら破格と言えるだろう。

f:id:etavonni:20200222172822j:plain

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:肝心の温泉はどんな感じだったの?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:どうやら源泉温度はあまり高くないらしく、推測40℃くらいだろうか。ただ入り口に正直に「うちの温泉は加温しています」と書かれていて、温泉の中にもふたつ湯船があった。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:ふたつ?

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:片方はややぬるくて、おそらくこれが野迫川温泉の源泉。そして、もう一つ広い方の湯舟はもっと湯温が高くてこっちが加温した方だろう。私は加温された方にメインで浸かった。こちらの入り心地は最高だったぞ。色は無色透明で、なかなかいい温だった。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:曲がりくねった山道を苦労して登った甲斐はあった?

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:あったな。冬場であんなに美味しい湯上りのビールが呑めるとは思わなかった。野迫川は標高が高いのでビールなどの飲み物も高いのが相場だが、それほどひどい値段でもなかった。

さて、食事の感想に行こう。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:野迫川には何か名産があるの?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:悲しくも、はっきり言って何もない村だが、一つだけ誇れる名産品がある。それがこの宿で出た川魚だ。

f:id:etavonni:20200222191437j:plain

これが野迫川が誇る名産の川魚、アマゴの刺身。

f:id:etavonni:20200222191447j:plain

そしてこれが鮎の塩焼き。

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:なんかめっちゃ健康的な食事だね。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:ちなみに朝食もアマゴの料理だったぞ。

f:id:etavonni:20200223084502j:plain

朝食はひらきの塩焼きだった。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:温泉地でこの料理で1泊9100円は確かに安いね!

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:具体的な値段を出すな。しかし君の言う通りだ。お安くいい思いができた。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:さて、今月3月の連休には和歌山の竜神温泉に行く予定です。こちらは一度行ったことがあるのですが記事にしたことはなかったので記事を書く予定です。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:それでは読んでくださってありがとうございました!

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:ありがとうございました!

 

大分県 由布院温泉

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:さて今回は昨年の大晦日から今年の元日にかけて行ってきた、日本を代表する温泉地、大分の由布院に行ってきた記事です。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:超有名な温泉なのに行ったことなかったんだね。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:なんせこれが人生における九州上陸3回目だからな。そのすべての目的が温泉だが、いつか日数をかけて九州の温泉を順にめぐってみたいものだ。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:それはおいといて、まず由布院ってどこにあるの? 別府とは違うの?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:別府と混同されがちなほど近く、大分西部にあるわけだが別府とは違い完全に観光地化されて賑やかになっておりまるで別の場所だという前情報があった。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:実際はどうだったの? 賑やかな街だった?

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:賑やかというより、一言で言えば店や温泉宿が一か所にごちゃっと固められていてせせこましい温泉地だったという感じだな。前情報の通りだった。それからあちこちに英語と中国語で客引きの看板が連なっていたのも特徴的だった。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:あと、由布院を語るなら由布岳について触れないと嘘なのだが、辿り着いた時点では雲に覆われていて見えなかった。

f:id:etavonni:20200125162036j:plain

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:これは宿の窓から写した写真? 宿はどこにとったの?

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:そういえばそれを書いていなかったな。紹介しておこう。由布院温泉の純和風旅館、「山灯館」だ。

www.yufuin-santokan.com

部屋はこんな感じ。和洋折衷だった。

f:id:etavonni:20200125162601j:plain

f:id:etavonni:20200125162629j:plain

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:のみずさんにしては高級そうな宿を取ったんだね!

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:うるさいな。たしかに由布院温泉で2食付きということで一泊の値段は過去の宿代の最高値を更新したかもしれない。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:と、ここまでたまごの雑談に付き合っていると温泉について書くのが遅くなってしまう。早く温泉の感想に行きます。

由布院温泉の湯の特徴はそのわずかに黒ずんだ印象のある無色透明な色と、比較的高めの湯温にあります。源泉温度は52.6℃。これは全国の温泉の中でも高く、私みたいな熱い温泉が好きな人におすすめです。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:珍しく温泉解説ブログみたいなこと書いてる・・・。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:山灯館のサービスについても少し触れておくと、冷蔵庫に瓶ビールと缶チューハイが用意され、チェックアウト時に清算する割と古めかしい感じです。岡山から長時間運転した後に熱い湯布院の湯に長湯して癒されてからのエビスビールは最高でした。それから、山灯館は部屋によっては個室に露天風呂が用意されており・・・、

f:id:etavonni:20200125163953j:plain

私が泊った部屋はただのお風呂でしたが、洗面器と椅子が檜づくりというこだわりっぷりでした。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:ただのビジネスホテルと差をつけてます、って感じのこだわりだね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:身も蓋もないことを言うな。それでは食事の感想です。ここでの夕食が私が2019年に最後に食べたものになりました。

f:id:etavonni:20200125164538j:plain

前菜の、師走の肴盛り合わせ。ちなみに呑んだ酒は、

f:id:etavonni:20200125164708j:plain

「西の関 美吟」という大分の地酒です。和食の会席にはぴったりでした。
他には、

f:id:etavonni:20200125165001j:plain

栗餅菊花餡かけ 青唐、

f:id:etavonni:20200125165111j:plain

おおいた和牛陶板焼き。などなど年末の美食を楽しみました。

最後には年越しそばが出てきました。

f:id:etavonni:20200125165300j:plain

こういうところにちょっとした気遣いがあると嬉しいものです。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:年末に最後に食べるものって言ったらやっぱりそばだよね。

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:さて、食事を終えた後は部屋でのんびり紅白歌合戦を観ていました。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:「鬼滅の刃」のOPがアニメ映像つきで流れていたね!

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:ああ! ああいう和風ダークファンタジーな作品は大好きだからな私は! もちろんアニメも全話観たぞ。

 あとはDA PUMPの「U.S.A.」が今年も流れたのが嬉しかったな。あの歌大好きなんだ。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:相変わらず、年越しは温泉地で迎えるのが例年の儀式みたいになってるんだね。

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:みたいになってるんじゃない、私の中では死なない限り続けようと思っている、神聖なる儀式だ! そして、元旦を迎えて一番最初にやったことは・・・

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:おせちを食べた?

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:違う! 朝の5時30分から温泉には入れるとチェックイン時に聞いていたから6時に温泉に入りに行った! まさしく温泉とともに新年を迎えたのだ! 朝早かったおかげか誰もいなかったし、思う存分由布院温泉を年始早々独占してきたぞ。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:よっぽど嬉しかったんだね・・・。

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:時間帯によるものか、気分によるものか、大晦日に入ったときより気持ちよく感じたな。そして、あがった後はたまごの言う通り、おせちに舌鼓を打ったぞ。

f:id:etavonni:20200125170915j:plain

f:id:etavonni:20200125170935j:plain

やはり、写真左端の笹の葉?にくるまれていた栗きんとんが美味しかったな。せめてこれは食べないと年を越した気がしない。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:由布院での旅はここまで?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:ここまでだが、せっかくなので新年を祝うように雲から顔を出し、由布院を見下ろしていた由布岳の画像をもって締めようと思う。

f:id:etavonni:20200125171433j:plain

実際に見るまで知らなかったのだが、由布岳は頂が二つあり、元旦にはきれいにその二つを見せていた。外に出て撮らなくても部屋から実にうまく写せた。

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:きれいに記事が締まってよかったね。

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:うむ。駐車場まで見送りに来てくれた番頭さんも「まるで新しい年を祝ってるみたいに由布岳が顔を出してますね」と嬉しそうだったぞ。やっぱり地元の人も由布岳は誇りのようで、旅人にもちゃんと見てもらいたいらしい。

それでは、このへんで記事を締めさせていただきます。一応、次の温泉旅行の予定は2月に奈良の十津川温泉に行く予定です。

読んでくださってありがとうございました!

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:ありがとうございました!

 

岡山県 湯原温泉/奥津温泉 旅行記

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:今回は2019~2020年の年末年始に行ってきた温泉旅行の一日目、三日目の岡山県の湯原温泉・奥津温泉の旅行記です。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:別々に行ったのに一記事にまとめて書くんだね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:同じ岡山だからな。なにより2記事に分けて書くほど多くネタがない。

    まず、1日目、大晦日の前日に行った湯原温泉です。

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:泊まった宿はここです。

tabiiro.jp

f:id:etavonni:20200111150911j:plain

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:「森のホテル」って銘打ってる通り、森の中にあるの?

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:たしかに森の中にあって森に囲まれたホテルだが、このホテル、というか湯原温泉の一番の利点は高速のインターを下りてすぐあるところだな。

ちなみに部屋はこんな感じ。完全にカップル向けだな。

f:id:etavonni:20200111155208j:plain

 

さて、温泉の紹介に行こう。

f:id:etavonni:20200111152120j:plain

「森のホテル ロシュフォール」はどうやら湯原温泉の中でも下湯原に分類されるらしい。上湯原の方にもいつか行ってみたいものだ。ちなみに湯原温泉の他に蒜山(ひるぜん)温泉という呼び方もするらしい。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:温泉の特徴としてはどうだった?

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:湯色は透明で臭いはほんのかすかに硫黄とも何ともつかない感じだったな。浸かり心地としては結構湯温も高く、かなりよかった。あとは外が雨でなくてもっと長く露天風呂に居られれば言うことなしだったな。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:湯温が高いのはのみずさんとしてはポイント高いね。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:それでは食事の紹介に行こう。夜は会席料理、朝はバイキングだったから夜に絞って紹介する。

まずは食前酒の金柑酒と地酒。

f:id:etavonni:20200111153415j:plain

f:id:etavonni:20200111153447j:plain

そしてその日本酒によく合うおつまみ。

f:id:etavonni:20200111153603j:plain右の皿にあったおつくりは写真を撮る前にさっさと食べてしまいました。失敬。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:おつまみはあん肝と大根餅の揚げ出しだったっけ?

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:うむ。そして今回の旅行で一番美味しかった料理である和牛すき焼きがここで早くも出たぞ。

f:id:etavonni:20200111154349j:plain

ちなみに夕食の間、窓から見える景色からホテル名がライトアップされていた。こういうものはスキー場とかに雰囲気出しでやるものと思っていたが・・・。

f:id:etavonni:20200111154608j:plain

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:ライトアップにもどでかく「湯原温泉」と書いてある通り、このあたりではかなりメジャーな温泉らしい。ちなみに蒜山高原のちかくにあり、湯原温泉の他にも「蒜山温泉」という言い方もするらしい。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:ねえ、ちょっと湯原温泉に行を裂きすぎじゃない? 奥津温泉はどうだったの?

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:そうだな、3日目、つまりは元日に行った奥津温泉のことも書こう。ちなみに新年あけて一番最初に入った温泉は由布院だ。朝起きてすぐに温泉に入りに行った。

奥津温泉はインターを下りて20㎞ほど離れているのが湯原温泉と違うところだな。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:こっちの温泉も美作と合わせて美作奥津ってまとめて呼ばれることが多いみたいだね。

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:泊まった宿はここです。

www.kajika-en.com

入ってすぐの様子はこんな感じ。

f:id:etavonni:20200111161713j:plain

あとは部屋ごとに独特な名前が付けられていて、自分は「星野」の間に通された。

 

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:早く温泉の感想に行こうよ。

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:正直、書きづらいんだ! ここの温泉、というか奥津温泉の感想は!

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:どうしたの? 機嫌悪くなったけど。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:そんなに知りたければ教えてやろう。ここの宿はもちろん源泉かけ流しだtったんだが、奥津温泉の源泉の温度は42℃だ。提供されるときの温度はさらに下がり、40.5℃という、いわゆる「ぬる湯」が特徴の温泉なんだよ。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:うわー、それは熱い湯マニアののみずさんにはきついね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:その宿の女将さんは奥津のぬる湯を大層誇りに思っているようでな。いわく「30分か1時間くらいゆっくり浸かって温まってください」だそうだ。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:なるほど、熱い湯に長めに浸かって上がってすぐにビールを飲むのを市場の喜びとしているのみずさんにはきついね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:大分から岡山まで車で飛ばした後なので、夕食までにそこまでゆっくり浸かっても居られなかったしな。ただし、夕食の場で岡山の地ビールはしっかり頂いた!

f:id:etavonni:20200111162838j:plain

言われた通り、長風呂させてもらった(そうしないと湯冷めする)あとなのでうまかったぞ。

しかし、あの、他の客さえいなければ泳ぎたくなるような温水プールのような温泉はやはり私には合わなかった。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:とはいえ、いろんなお湯に浸かってみたいのみずさんにとっていい経験になったんじゃない? そういえば奥津のぬるい湯は変わった色をしていたり、変な匂いがしたりはしなかったの?

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:一言で言えば普通のお湯だったな。成分表によればナトリウムが多めらしい。それではここらで奥津温泉の夕食を紹介することにしよう。

f:id:etavonni:20200111164708j:plain

これも湯原温泉でも出た牛しゃぶだな。牛の種類は奈義牛というらしい。詳しくはないがひょっとして岡山は牛も名産なんだろうか?

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:聞いたことないけど・・・。ひょっとしたら日本はどこもかしこに温泉名地があるようにどこもかしこにも和牛の名産地があるのかもね。

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:そしてこれは画像を外せないだろう。カニだ。

f:id:etavonni:20200111165231j:plain

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:カニが出たってことは奥津って海辺なの?

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:そういえば奥津の地理を説明していなかったな。奥津も、湯原と同じく岡山県の鳥取県側の内陸だ。だから海は近くない。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:じゃあ次は海側の温泉を紹介することになるのかな?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:ん? 別府は確かに海に近いが、由布院は別に海沿いじゃないぞ?

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:次は年越しで行った由布院温泉観光の記事で確定しているんだね!

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:うむ、そうだ。いつになるかは分からないが、せっかく由布岳が見える旅館にして撮影までしたんだ。その予定だ。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:また長期休止する心配がぬぐえないまま、今回はここまでで。

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:読んでくださってありがとうございました!

 

 

 

行ったことのある温泉一覧更新

f:id:etavonni:20190526114747j:plain:久しぶりに温泉記事を更新してみます。久しぶり過ぎてブログの書き方もかなり忘れてしまったので、自己紹介ページに載せてる「行ったことある温泉リスト」の更新を記事にしてみようと思います。

2018年9月時点

北海道: 函館 洞爺湖
宮城 : 白石
福島 : いわき
茨城 : 袋田 磯原 ひたちなか
栃木 : 那須塩原
千葉 : 銚子 鴨川 矢指が浦
群馬 : 草津 伊香保 磯部
神奈川: 箱根 鎌倉
山梨 : 石和
石川 : 和倉 加賀
静岡 : 下田 熱海
長野 : 白骨 浅間 乗鞍 上諏訪 下諏訪 白馬 野沢
岐阜 : 下呂
三重 : 湯の山
滋賀 : 須賀谷
兵庫 : 有馬 神鍋
和歌山: 龍神 南紀勝浦
島根 : 松江しんじ湖

 

2019年12月時点

北海道: 函館(湯の川) 洞爺湖

秋田 : 乳頭
宮城 : 白石
福島 : いわき

山形 : 肘折 銀山
茨城 : 袋田 磯原 ひたちなか
栃木 : 那須塩原
千葉 : 銚子 鴨川 矢指が浦
群馬 : 草津 伊香保 磯部
神奈川: 箱根 鎌倉
山梨 : 石和
石川 : 和倉 加賀 

富山 : 宇奈月

福井 : 芦原
静岡 : 下田 熱海
長野 : 白骨 浅間 乗鞍 上諏訪 下諏訪 白馬 野沢
岐阜 : 下呂

愛知 : 南知多
三重 : 湯の山
滋賀 : 須賀谷
兵庫 : 有馬 神鍋

奈良 : 洞川
和歌山: 白浜 龍神 南紀勝浦

鳥取 : 皆生

島根 : 松江しんじ湖 

山口 : 湯田

佐賀 : 嬉野
熊本 : 黒川

 

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:赤字が去年から増えたところです。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:日本全国で48か所かあ。前回の制覇率1.167%からどれくらい増えたの?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:1.556%といったところだな。まだまだ道は長い。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:ちなみに今年の年末年始は岡山で2泊して大分の由布院まで行く予定です。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:由布院かあ。人気なのに行ったことなかったんだね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:最近は旅行に行ってもほとんど写真を撮ることすらなかったから今度はできるだけ映して記事にできるようにしようと思う。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:ここのところの記事停滞に対する言い訳は?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:なんとなく書く気分にならなかった。それだけだ。ただ、せっかく再開したのでメジャーな温泉からマイナーな温泉まで、また感想を紹介していきたいと思っています。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:それじゃ、まずは明後日からの旅行にカメラを忘れないように今のうちに準備しつつ・・・、読んでくださってありがとうございました!

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:ありがとうございました。検索で来られた方も今後記事が増えていくのを楽しみにして頂ければ幸いです。



 

【肘折温泉】山形県 肘折温泉

f:id:etavonni:20190609120630j:plain:今回は山形県の肘折温泉の記事です。

f:id:etavonni:20190609120832j:plain:あれ? 次はこの旅行記の続きで山形の銀山温泉記って言ってなかった?

www.onsen-engei.com

www.onsen-engei.com

www.onsen-engei.com

f:id:etavonni:20190609120924j:plain:山形県の温泉ということで2つまとめて書こうかと思ったんだが調べていくと泊まった肘折温泉もなかなかの温泉地の様らしくてな。マイナー温泉を紹介しておく意味でも、各記事をあっさりさせていく意味でも分けて書くことにしたんだ。

f:id:etavonni:20190609121128j:plain:宿は肘折温泉にとったんだもんね。

f:id:etavonni:20190609121405j:plain:肘折は日本随一の豪雪地帯だから秋田から向かっても結構涼しかった。そこで道中でラーメンを食べたぞ。関西だとそろそろつけ麺が食べたくなる季節だがこの時期の山形では温麺一択だ。

f:id:etavonni:20190609122039j:plain

f:id:etavonni:20190609122115j:plain:さて辿り着いた肘折温泉だが、泊まった旅館はここだ。

www.bb-town.jp

大友なんとかという地元の名士にちなんだ旅館の様だったな。

f:id:etavonni:20190609131834j:plain

純和風の旅館で、部屋の様子はこんな感じ。

f:id:etavonni:20190609122325j:plain

f:id:etavonni:20190609122349j:plain

f:id:etavonni:20190609122520j:plain:和風な旅館が続いてるね。

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:続いているも何もGWの旅行は初日以外は全部和室の旅館だ。では温泉の紹介に行こう。肘折温泉と言っても聞いたことがない人が多いだろうからな。

f:id:etavonni:20190609122742j:plain

源泉温度は65.2℃。かなりの高温だ。炭酸水温泉と書いてある通りかすかにしゅわしゅわしていた。色や臭いは特別な感じはしなかったが入り心地は格別だったぞ。とんでもなく熱い湯だったが長湯した。この日は朝に乳頭温泉に入った日だったから、夕方にのんびりゆったり浸かれるのを楽しみにしていたんだ。飲泉もあったが上がった後のビールを楽しみにしていたからやめておいた。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:やっぱり日帰り温泉って落ち着かない?

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:落ち着かないな。混んでいることが多いし、風呂上りに酒は呑めないし、上がってすぐに車を運転しなければならないし、私はあまり好きではない。やはりこの肘折温泉のように旅館で温泉に浸かるのが一番だ。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:でも乳頭とか銀山とか今回日帰りで入りに行った温泉に宿を取らなかった理由って宿代節約のためなんでしょ? 7日間も贅沢な旅館に泊まるとお金がもたないし。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:うむ、この大友屋旅館もいい旅館だったんだが、割とお手頃価格で済んだのは、失礼ながらその知名度の低さゆえだ。それほどド田舎にあるわけでもなく、交通の便も悪くはない。さて、この旅館の良さを伝えるべく夕食の紹介をして行こう。

お通しと、手前に卵が見えるように、夕食はすき焼きだった。

f:id:etavonni:20190609124025j:plain

f:id:etavonni:20190609124221j:plain

f:id:etavonni:20190609124138j:plain

f:id:etavonni:20190609125148j:plain

そして、「食事でこれがあるとテンションが上がるもの」筆頭の地酒呑み比べ。

f:id:etavonni:20190609124746j:plain

地酒呑み比べはお得感がある上に、その土地に行った思い出に残るから大好きだ、

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:一本づつ注文すると呑み切れないもんね。いいものを考えたもんだ。

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:あとはその他、揚げ物、おつくりなどだ。

f:id:etavonni:20190609125113j:plain

f:id:etavonni:20190609125132j:plain

この旅では合計6泊したが、食事についてはこの宿はトップクラスによかったぞ。

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:肘折と銀山って結構離れてるから夜のうちに精をつけておかないとだね。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:そうなんだ。肘折と銀山は同じ山形の温泉でも全然違う。山形で一括りにすると地元の人が怒りそうなくらい、温泉地としては違う。というか、山形県は非常に広い。実を言うと肘折温泉の近くにもまた別の石抱という温泉地がある。まったく、日本にあるすべての温泉地を回りきるという夢にはあと人生が3回くらい必要そうだ。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:たしか3000以上あるんだっけ。夢半ばで死ぬことが確定してる夢を見るのもまたなんかわびしいものだね。来世も温泉好きに産まれるといいね。

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:まあそれでも、この翌日の銀山温泉を含め「ここだけは行っておきたい!」という温泉地にはそこそこ行けているつもりだぞ。今年の年末年始は由布院をすでに予約したしな。温泉旅館の予約は半年前ですでに遅い。逆に直近になるとキャンセルが出てまた空いたりするものだが。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:この翌日の銀山温泉、宿泊する新潟の高瀬温泉、翌々日の下呂温泉と、GWの旅行記もさすがに記事のネタが終わりに近づいてきたね。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:未だにGWの思い出を語っている人などそろそろいまい。令和令和と騒いでいる人もいなくなったようにな。しかしそれでも行った温泉についてはちゃんと感想を記事にしておきたいんだ。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:それでは次は今度こそ銀山温泉の記事です。今回も最後まで読んでくださった方がいらっしゃったらありがとうございました。

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:ありがとうございました!

 

【乳頭温泉】秋田県 乳頭温泉

f:id:etavonni:20190526103708j:plain:今回は今年のGWの旅行の目的地でもあった乳頭温泉への旅行記事です。この2記事の旅路の続きです。

www.onsen-engei.com

www.onsen-engei.com

f:id:etavonni:20190526104819j:plain:まずは乳頭温泉の場所を教えてよ。

f:id:etavonni:20190526104802j:plain:秋田の田沢湖の北東にある。秋田の曲がりくねった山道の道中の、よく言えばのどかな、悪く言えばド田舎なところにある温泉だ。

f:id:etavonni:20190526104951j:plain:でも乳頭温泉そのものに宿を取ったわけじゃないんだよね。

f:id:etavonni:20190526103903j:plain:うむ、本格的に乳頭温泉の旅館に宿を取ろうとするとさすがの私もびっくりする値がする。あとは車でのアクセスがあまりよくないので秋田に入って温泉よりも少し手前のところに宿を取った。お手頃価格でそこそこの泊まり心地のところだった。具体的にはここだ。

www.warabi.or.jp

f:id:etavonni:20190526104603j:plain:どうやら温泉旅館ではあるらしいが、この宿は乳頭温泉郷には含まれない。

f:id:etavonni:20190526105158j:plain

お湯は、あわら温泉とも宇奈月温泉とも違い、淡い緑色でかすかに硫黄臭がした。間違いなく温泉だった。入ったときはこれが乳頭温泉なんだろうかと思ったものだ。しかしこの温泉旅館は「〇〇温泉」というどこかの温泉地には含まれないらしい。調べても分からなかった。

f:id:etavonni:20190526105659j:plain:でも温泉ではあったんだよね。やっといかにもな温泉に浸かれてよかったんじゃない? のみずさんって温泉は温泉でも無色透明より色のついた変わったお湯が好きだし。

f:id:etavonni:20190526105839j:plain:そうだな。いつかは有馬温泉の赤湯に入るのを人生の一つの目的にしているほどだ。さておき、この芸術村で少し悲しい掲示があったので紹介しておこう。部屋から温泉までの道には折り紙で作られた飾り物がたくさん展示してあったのだが・・・。

f:id:etavonni:20190526110240j:plain

f:id:etavonni:20190526110254j:plain

このように英語と日本語で「持って帰らないでください」と書いてあった。正直、この二言語で書いてもあまり意味はないような気がする。同じ海外からの旅行者でも白人さんは比較的マナーがいいからな。

f:id:etavonni:20190526110554j:plain:またそんな悲しい現実を記事に載せる・・・。温泉と食事の楽しい旅感想だけでいいじゃない、このブログは。

f:id:etavonni:20190526110714j:plain:そうだな、たまごに諭されてはおしまいだ。では宿の紹介に行こう。外観は洋風な建物の宿だったが部屋は和室だった。

f:id:etavonni:20190526111551j:plain

f:id:etavonni:20190526111605j:plain

f:id:etavonni:20190526111620j:plain

f:id:etavonni:20190526111637j:plain

f:id:etavonni:20190526111701j:plain:では食事の感想に行こう。夕食はこのあきた芸術村に併設の「ばっきゃ」という少し離れたレストランでだった。ついでにいうと日帰り温泉もこの芸術村に併設された施設の一つで、宿泊客は温泉もレストランも当然使える。

f:id:etavonni:20190526110825j:plain

串揚げ三種。海老とイカと魚だった。

f:id:etavonni:20190526110840j:plain

旬のお刺身。妻一式 山葵というらしい。

f:id:etavonni:20190526110856j:plain

神代名産、山の芋鍋。

f:id:etavonni:20190526110933j:plain

あとこれは忘れてはいけない、秋田が誇る、稲庭うどん。そうめんとうどんの中間という表現がふさわしい、細麺のうどんだ。

f:id:etavonni:20190526111924j:plain

やはり海から離れた山深い土地にある旅館のため山菜を中心とした山の幸がメインだった。ちなみに白米はやはりあきたこまちだったぞ。

f:id:etavonni:20190526112212j:plain:香川のうどん、名古屋のきしめんは聞いたことあったけど秋田の稲庭うどんは初めて聞いたかも。

f:id:etavonni:20190526112308j:plain:そうだな。地ラーメンと同じく、知らない人は知らないだろう。私はなんとなくは知っていた。ところで朝は和洋折衷バイキングだったのだが、秋田県の旅館の朝食で一番人気なのがこの稲庭うどんのカレーうどんらしい。

f:id:etavonni:20190526112606j:plain

f:id:etavonni:20190526112626j:plain:朝からカレーうどんが人気なんてよく分からないね。

f:id:etavonni:20190526112711j:plain:まったくだ。一応食べたが朝からカレーうどんは違和感がある。ではそろそろ記事の本編の乳頭温泉の内容に行こうか。泊まったのではなく日帰りで旅館の温泉に入っただけだが行ったのはここだ。

www.nyuto-onsenkyo.com

f:id:etavonni:20190526113005j:plain

どこがそうなのかは知らないが「金の湯、銀の湯」という触れ込みだ。

f:id:etavonni:20190526113035j:plain:ここも旅館やりながら日帰り温泉も受け付けてるってタイプの温泉なんだね。

f:id:etavonni:20190526113140j:plain:うむ。そういう温泉に入る場合はビールが呑めないので瓶の牛乳を飲むのが常なのだが残念ながらなかった。ので上がった後はコーラを飲んだ。

f:id:etavonni:20190526113306j:plain:入り心地はどうだった?

f:id:etavonni:20190526113333j:plain:まず湯の色は淡く緑がかった白色、とんでもない量の湯の花が析出しておりにおいも、慣れていないと長時間は居られないであろう癖のある臭い。そして、肩まで浸かると体の芯から温まる熱さ。これぞ・まさに・温泉オブ温泉という感じの湯だった。ちなみに露天風呂もあったので自分は露天風呂メインに入ったぞ。

f:id:etavonni:20190526113712j:plain:ねえ、湯の花ってなーに? お湯に花が浮かべてあるの?

f:id:etavonni:20190526113817j:plain:説明しよう! 「湯の花」とは、温泉の不溶成分が湯の中に析出・沈殿したものだ。乳頭温泉という名前だから白い湯の花なのかなと思ったらこれもかすかに緑がかっていた。触り心地はぬるっとしていて、人によってはそれが気持ちよく、人によっては気持ち悪いだろう。特に露天風呂のはじっこ付近ではこの湯の花が大量に析出しており、一度内湯で洗い流さなければならないほどの量だった。

f:id:etavonni:20190526114353j:plain:のみずさんのすけべえ。

f:id:etavonni:20190526114423j:plain:乳頭温泉という名前だから乳白色をした湯なのかなと思った程度だ!

f:id:etavonni:20190526114534j:plain:その発想がすでに割とすけべえなような。

f:id:etavonni:20190526114613j:plain:なにをいう。本当に助平なら混浴に喜び勇んで入りに行っただろう。私が入ったのは男湯だけだ。

f:id:etavonni:20190526114712j:plain:え!? 妙の湯って混浴があったの?

f:id:etavonni:20190526114747j:plain:入りに行きはしなかったが、あったな。ちなみにバスタオル着用が義務だ。なお、色んな温泉に入りに行って混浴があったのは生まれて初めてだ。

f:id:etavonni:20190526114910j:plain:本当に色んな経験ができたんだね! 秋田まで車走らせた甲斐はあった?

f:id:etavonni:20190526114959j:plain:充分あったな。存在を知ったときからずっと行きたいと思っていた温泉だしな、乳頭温泉は。と、いうか生まれて初めて秋田県に行った。本州で一番北まで行った経験になった。今までが仙台だったかな。

f:id:etavonni:20190526115335j:plain:そういう言い方するってことは北海道はあるんだ。

f:id:etavonni:20190526115405j:plain:うむ。乳頭温泉に話を戻すと、5月の乳頭温泉郷はまだ雪が残っていたぞ。

f:id:etavonni:20190526115523j:plain

これは妙の湯の宿前から写した景色だ。道はノーマルタイヤでも全然大丈夫だったが山肌に少し雪が残っている。

f:id:etavonni:20190526115703j:plain:本当に山奥にある温泉なんだね。

f:id:etavonni:20190526115742j:plain:山奥に入り込んでいく覚悟がなければ温泉巡りなどできん。記念に温泉饅頭を買いたかったが売っていなかったので代わりにどら焼きを買った。

f:id:etavonni:20190526133451j:plain

さて、次の旅行地もまた山の中、山形県の温泉だ。こちらは肘折温泉に宿を取って銀山温泉に行ってきたぞ。

f:id:etavonni:20190526115945j:plain:銀山温泉は僕も知ってるよ。「ラブひな」の舞台になった温泉だよね。

f:id:etavonni:20190526120038j:plain:・・・普通の人は連続テレビ小説「おしん」が出てくるのだが。さて、乳頭温泉及び秋田の旅行記はここまでです。

f:id:etavonni:20190526120139j:plain:では、今回も最後まで読んでくださった方がいらっしゃったらありがとうございました!

f:id:etavonni:20190526120217j:plain:ありがとうございました!