いつもいい湯芽見ていたい

温泉旅の思い出とか自宅のベランダでの園芸の記録ブログです。ヘッダ画像は黄ラナンキュラスとベロニカジョージアブルーです

【あしずり温泉】高知県 あしずり岬&温泉

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:今回は高知県のあしずり温泉に行ってきた感想記事です。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:あしずり? 足摺岬に行ってきたわけではないの?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:いや、足摺岬に行ってきた。あまり有名ではないが足摺は温泉地でもあるんだ。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:恋人たちの聖地として有名な岬だよね? 一人で行ってきたの?

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:私が旅行に行くときは必ず一人だ、何か文句があるか?

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:いいえ、ありません……。申し訳ありませんでした。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:それより早くあしずり温泉の感想を話してよ。

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:まず泊まった温泉旅館の紹介をしておきます。ここです。足摺サニーサイドホテル。

ashizuri-sunny.jp

印象としては、建物そのものは昭和に建てられた古い感じで、全体的に清潔にしている感じでした。

f:id:etavonni:20200927103509j:plain

 

 

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:ホテルって旅館名で、建物も洋風だけど、部屋もビジネスホテルみたいな洋風だったの?

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:いや、館内は洋風だったが、部屋はたたみ敷きで和風だった。

f:id:etavonni:20200927103811j:plain

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:温泉の感想はどうだった?

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:そうだなぁ、どうにも古い印象はぬぐえなかったが、入り心地としてはかなりよかったぞ。恋人たちの聖地と言う割には家族連ればかりだったが。

ちゃんと露天風呂もあり、露天風呂から海がもっと広々と見渡せれば言うことなかったんだが、残念ながら、露天風呂から海はよく見えなかった。湯色は内湯は無色透明だったが、露天風呂は少し黒ずんでいる感じだった。露天風呂の常で、露天風呂は湯温が低めで混んでいたから、自分は内湯でゆったり浸かった。内湯は湯温も高く、湯船も広く入り心地が良かったからな。

f:id:etavonni:20190609122520j:plain:それで湯上りにはいつものビールを呑んだんだね!

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:それはもちろんのことだ。四国に上陸するまでに神戸あたりで渋滞して運転だけでかなり疲れたからな。このシルバーウィークの連休はなぜかみんな四国を目指して淡路島に上陸する人が多い感じだった。正直疲れた。

そして、予定より少し遅めにしてもらった夕食で海鮮と地酒をこれでもかと言うほど味わってきたぞ。

f:id:etavonni:20200927104828j:plain

まぐろ、いか、えび、たいのおつくり。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:僕が話を振る前に夕食の話に行ってる……。

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:別にいいではないか。そして、こちらが海鮮づくしのメインディッシュだ。

f:id:etavonni:20200927105041j:plain

真ん中あたりに映っている海老のマヨネーズ焼きが一番美味かったかな。

f:id:etavonni:20200927105142j:plain

そして、これはたまねぎしか映っていないが、実はカツオのたたきなんだ。

あとはこのホテルのレストランは四国の、というか高知の地酒が豊富だったから、飲み比べを2回頼んだぞ。

f:id:etavonni:20200927105507j:plain

藤娘、桃太郎、四万十川。この中では四万十川が一番呑み易くて美味しかったかな。

f:id:etavonni:20200927105653j:plain

海鮮だけでなく、豚肉の陶板焼きも出た。そして、二回目に頼んだ地酒の呑み比べは……、

f:id:etavonni:20200927105827j:plain

滝嵐、万次郎、安芸虎。すべて、説明に「呑み易い」という意味合いのことが書いてあった酒を選んだ。謳い文句通り、どれも呑み易く、癖がない感じだった。

最後に、四万十のきれいな空気と水で育てられたという四国の米の画像で締めておこう。

f:id:etavonni:20200927110234j:plain

これだけ酒を呑んでも最後の締めのご飯が美味しく食べられたのはかなりよかったな。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:総じて、食事に関しては満足の行くホテルだったみたいだね。実は前評判で魚が乾いているとかいろいろ悪評が書かれていたホテルだったから不安だったんだ。

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:うむ。ああいう悪い評判を書く人は何か嫌な思いをしてホテルそのものに八つ当たりしているんだろうな。私は温泉に浸かれてその後のビールさえ美味ければ何の文句も無い人間だから、そういう口コミは一切書かないぞ。

f:id:etavonni:20190609121128j:plain:運転で疲れて、美味しい酒も呑めただけあって、よく眠れた?

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:うむ。そういえば、よい朝を迎えられた記念に部屋からの海の景色を映したので載せておこう。

f:id:etavonni:20200927111002j:plain

これがあしずり岬から見た海の景色だ。どうせなら窓も開けて撮ればよかったな。

それでは朝食の話題に行こう。

f:id:etavonni:20200927111153j:plain

朝食は、これまた海鮮中心の純和風朝食だった。

そして、食後に無料で海側の喫茶店でコーヒーを飲めたのでそっちも記念に載せておこう。

f:id:etavonni:20200927111406j:plain

f:id:etavonni:20200927111430j:plain

正直、帰りの二日目の方が天気が良くて旅行日和だったな。まあ、台風にぶつからなかっただけよしとしよう。

f:id:etavonni:20190609122520j:plain:あしずり岬での温泉旅行も無事に終わって、リフレッシュできたみたいだね!

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:それが、実はこの旅行、まだ終わっていないんだ。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:どういうこと?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:GoToトラベルで安くなる分をチェックアウト時に支払う予定だった金額をホテルの従業員が徴収を忘れてな。現金書留で宿泊費を送らないと旅行が終わらないんだ。GoToトラベルのやり方もホテルごとにまちまちでな。この旅館はクレジットカード決済分を払い戻した後、てっきり、引き落としだと思っていたのが、チェックアウト時に現金払いで、まだ払えていない。連絡待ちだ。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:今世の中をにぎわわせているGoToトラベルだけど、いろいろなんだね。次の旅行の予定は?

f:id:etavonni:20190609121405j:plain:京都の久美浜温泉だ。今は日本に、とくに京都にも某国人が少ないから言っておこうと思ってな。ちなみにこっちはGoToトラベルを使うか連絡があったので、混乱の無いよう「使いません」と明確に返事をしておいた。

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:のみずさんってさ……自分の趣味には金に糸目をつけないというか、めんどくさがりだよね。

f:id:etavonni:20190609121405j:plain:当然だ、人生の楽しみくらいややこしいことなしで楽しみたいじゃないか。それでは、読んでくださった方がいらっしゃったらありがとうございました!

f:id:etavonni:20190609122520j:plain:ありがとうございました!

 

【越後湯沢温泉】新潟 越後湯沢温泉 旅行記

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:さて、今回はお盆休みの後半、山中温泉の翌日に行った越後湯沢温泉の感想記事です。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:たまご、私の台詞を取るんじゃない。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:どっちが言っても記事の内容は変わらないんだからいいじゃない。で、どうだったの? 石川県と新潟県ってあまり離れてない気がするけど。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:いや、それが実際に車で行ってみたら結構遠かった。加賀が海沿いで越後湯沢が内陸だからだろうな。実際5~6時間くらいかかったんじゃなかろうか。今年はまた特別暑いから運転していてもきつかったしな。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:肝心の越後湯沢温泉の感想は?

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:まずは泊まった温泉宿を紹介させて頂きましょう、ここです。松泉閣花月。

www.shousenkaku-kagetsu.com

新潟だけあってスキー目当ての客向けの宿が軒を連ねる中にある和風の旅館です。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:部屋の様子はこんな感じです。普段は夕食の間にお布団を敷きに来てくれるようなんですが、コロナ対策でチェックイン時にはすでに敷いてありました。

f:id:etavonni:20200829143356j:plain

窓の外からの景色はこんな感じ。

f:id:etavonni:20200829144837j:plain

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:おお、和風だ。こんな部屋で部屋に露天風呂があって、夕食が部屋食だったら最高だね!

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:まさしくその通りなんだが、部屋には風呂はなく、夕食も会場食だった。まあ金に糸目をつけなければ露天風呂付の部屋もある宿だったようだがな。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:温泉の感想はどうだった?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:正直、「越後湯沢温泉」と言われてもどんな温泉か印象が湧かなかったのだが、入ってみると、無色透明で湯温は高く、入り心地は最高だったぞ。ほとんどの客が貸し切りの家族風呂に入っていたから大浴場も空いていたしな。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:のみずさんは貸切風呂にはしなかったの?

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:貸切風呂はその日の朝に山中温泉で味わったからな。貸切風呂か、夕食時の地酒かどちらかのコースが選べたんだが、地酒にした。

正直、早く温泉に浸かってビールを味わいたかった。貸切風呂が空いてる時間に合わせて部屋で時間を潰すのも面倒だったしな。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:なるほど…のみずさんらしい選び方だね。それで食事はどうだった?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:どうというか、普通の会席料理だったな。

f:id:etavonni:20200829144949j:plain

さすがに貸切風呂とトレードオフなだけあってこの宿で出た日本酒はよく冷えていておいしかった。

f:id:etavonni:20200829145136j:plain

魚料理メインの和食との相性もバッチリだったぞ。

f:id:etavonni:20200829145310j:plain

そしてこれが和牛の陶板焼き。

f:id:etavonni:20200829145435j:plain

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:そういえば、言い忘れていたが、越後湯沢は南魚沼にある。魚沼と言えば日本一の米どころ、コシヒカリの名産地だ。やはり米は美味かった。

f:id:etavonni:20200829145738j:plain

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:これだけ美味しいものと食べれば、どこの米でも美味しく感じるんじゃないの? 産地関係なく。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:身も蓋もないことを言うな。やはり食事というのは気持ちの問題も大きく味が左右されるから、私はとても美味しく感じた、それで充分だ。

そういえば、夕食でやや呑み足りなさを感じたので、旅館にあったバーでもう少し飲もうとしたのだが。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:したのだが?

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:あまりにがらがらで、しかも、「持って行って部屋で呑んでください」と酒とおちょこを渡された。

f:id:etavonni:20200829150612j:plain

この金のおちょこでちびちび呑む酒もなかなか乙なものだったぞ。

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:春は夜桜、夏は星、秋は満月、冬は雪。ただそれだけで酒は美味い。ってね。一人ゆっくりただ飲む酒もいいものだね。

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:急に渋いことを言うな。では、朝ごはんを紹介して記事を締めようじゃないか。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:朝風呂には入らなかったの?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:新潟から自宅までかなりの距離だからな。早めに宿を出たかった。よって朝ごはんだけ食べてすぐ帰ったぞ。

f:id:etavonni:20200829151104j:plain

f:id:etavonni:20190609122520j:plain:おお、朝ごはんも和風でうまそう!

f:id:etavonni:20190609122115j:plain:満腹になり過ぎない程度に食べて、家路についたぞ。そういえば、この宿は会場食とは言え、完全に客席同士を壁で区切ってくれていたから食事していて居心地が良かったな。いい配慮でした。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:総じていい旅行になったようで何よりだよ。では、最後まで読んでくださった方がいらっしゃったらありがとうございました!

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:ありがとうございました!






 



【山中温泉】加賀 山中温泉旅行記

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:さて、今回はお盆休みの後半で行ってきた加賀、山中温泉の感想記事です。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:加賀にあるのに加賀温泉という言い方はしないの?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:よく分からないのだが、温泉地名としては山中温泉らしいな。ちなみにすぐ近くに山代温泉という温泉もあるためさらにややこしい。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:どんなところだった?

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:その名前の通り山の中にあるのだが、それほどアクセスは悪くない感じだったな。泊まった宿はここです。「吉祥やまなか」、館内は和風なイメージがありますが、部屋は洋風でした。

kissho-yamanaka.com

f:id:etavonni:20200823122032j:plain

f:id:etavonni:20200823121528j:plain

また、部屋にアロマポットが置いてあって、大学生の頃以来、久しぶりにアロマテラピーを楽しみました。

f:id:etavonni:20200823122207j:plain

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:肝心の温泉の入り心地はどうだった?

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:まず、着いたその日は大浴場に入って、翌朝に貸切風呂に入ったんだが、この旅館の売りはこの貸切風呂だ。本来は家族向けのようだったが、一人で満喫してきた。湯温はそこまで高くなく、泉質は無色透明で、特に特徴的な強烈な臭いがしたりはしなかった。

この旅館の一番良かったところは食事だな。とにかくご飯が美味しかった。

f:id:etavonni:20200823122319j:plain

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:日本酒の飲み比べがあったのも私の中ではポイントが高かった。

f:id:etavonni:20200823122449j:plain

個人的には、輪島の地酒、「能登誉」が飲みやすくて美味しかったな。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:食事はどんなものが出てきたの?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:典型的な会食料理だったな。だが、一つ一つの料理の味が他の旅館とは比べ物にならないほどおいしかった。

f:id:etavonni:20200823122726j:plain

おつくり。石川の海鮮だ。

f:id:etavonni:20200823122819j:plain

湯豆腐。

f:id:etavonni:20200823122937j:plain

煮物。鴨肉がうまかった。

f:id:etavonni:20200823123029j:plain

和牛肉のステーキ。これはコースではなく追加注文したものだ。

f:id:etavonni:20200823123201j:plain

そして、「これを食べに行った」と言ってもいいくらい美味しかったあわびのバター焼き。日本酒との相性もバッチリでした。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:やっぱり加賀は海鮮が旨いんだね!

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:うむ、そして、部屋でくつろいで寝たあと、早朝に貸切風呂に入りに行った。

大浴場には露天風呂はありませんでしたが、3つある貸切風呂のうち2つが露天風呂になっているようでした。

もちろん、露天風呂を選んで入ってきました。

f:id:etavonni:20200823123849j:plain

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:いくら貸切風呂だからってお風呂の写真を撮っていいものなの・・・?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:正直、グレーゾーンだろうな。まあ誰に迷惑をかけたわけでもないので可だろうと思って写しました。

普通露天風呂は内風呂よりも湯温が低いのが相場なのですが、寝起きから結構熱い湯に露天で浸かれました。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:朝食も美味しかった?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:朝食も純和風でいかにも温泉旅館の朝食という感じだった。その日も長時間の運転が控えていたからいい活力源になりました。

f:id:etavonni:20200823124433j:plain

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:総じて山中温泉は食事も温泉も楽しめたみたいだね!

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:うむ、総合すれば実に良い旅行だった。まだ旅行は続くわけですが。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:次は新潟の越後湯沢に行ったんだっけ?

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:そうだ。というわけで次回は越後湯沢温泉の感想になります。今回の記事、読んでくださった方がいらっしゃったら、ありがとうございました!

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:ありがとうございました!

 

【南紀勝浦温泉】勝浦洞窟温泉と那智の滝

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:8月のお盆休み前半で那智勝浦の温泉に行ってきました。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:今年は長期連休は取れなかったの?

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:有休を使って11日と12日を休みにすれば9連休だったんだが、そこまで遠出したい状況でもないしな。さて、泊まった勝浦温泉の旅館を紹介します。

ここです。

www.hotelurashima.co.jp

f:id:etavonni:20190609122115j:plain:ホテル浦島。バブル全盛期に建てられた紀伊半島南にある島丸ごとがホテルになっている巨大旅館です。とてつもなく設備が充実しており、大浴場だけで5つもあります。中にコンビニがあったり、レストランやラーメン屋、ゲームコーナー、カラオケホールも充実しているので数日かけて泊まってもいいのではないでしょうか。もちろん日帰り入浴もできます。

f:id:etavonni:20190609122520j:plain:なんか楽しそうなホテルだね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:ただしアクセスが特殊で、まずは車で行く場合はまず専用駐車場に車を置いて、シャトルバスでホテルまで送ってもらわねばなりません。駐車場もやらたら広いので大した手間ではありませんが。

f:id:etavonni:20190609121128j:plain:たしか敷地面積だけで東京ドームの4.5倍の広さがあるんだっけ。

f:id:etavonni:20190609122115j:plain:ああ、そんなことがエレベーターに書いていたな。ちなみに本館の他になぎさ館、日昇館、山上館と、3つの客室館があり、自分が泊まったのは日昇館です。なにやら訳アリで、値段が安かったのですが、どうもオーシャンビューではない、ビジネスホテルのような簡素な部屋でした。

f:id:etavonni:20200810133250j:plain

温泉に入りに来ただけで、リゾート目的でもないなら、一人分なら充分でした。ちなみに8階建ての建物の8階の一番端の部屋で、静かなものでした。

f:id:etavonni:20190609120832j:plain:それだけ大きいと家族連れも多かったんじゃないの?

f:id:etavonni:20190526120217j:plain:たしかに家族連れは多かったが、あそこまで広いホテルだと人口密度が低くなって、大してうっとうしくも感じなかったな。さて、温泉の感想に行きます。

このホテルの温泉の最大の特徴である、洞窟温泉が「忘帰洞」「玄武洞」の2種類があり、こちらはまさしく洞窟をくり抜いて作ったような海が見える温泉になっておりました。

f:id:etavonni:20190526120139j:plain:温泉の入り心地はどうだった?

f:id:etavonni:20190526133341j:plain:湯質はやや黒ずんだにごり湯で、湯温は割と高めだった。まずは忘帰洞温泉の方から頂いたぞ。本当に帰りたくなくなっては困るからな。

f:id:etavonni:20190609120832j:plain:帰るのを忘れるくらいの気持ちよさって意味で「忘帰」なんだね。

f:id:etavonni:20190526115405j:plain:ちなみに、5つある大浴場のうち、一つは午前午後で男女を入れ替えるから、入れる温泉は4つまでだ。そして、そのうちの二つに入って、お風呂上りでホテル内を歩くだけでも結構暑かったので、部屋でビールを呑んだ。

ビールの自販機もあちこちにあって、そういうところは気にしなくても大丈夫なホテルです。

f:id:etavonni:20190526120139j:plain:そういえば、のみずさん、「あれ」を紹介してよ!

f:id:etavonni:20190526120217j:plain:おお、「あれ」な。数年前からじわじわと知名度が上がってきている「温泉むすめ」だな。

f:id:etavonni:20200810135013j:plain

泊まった日昇館のフロントに等身大パネルが飾られていました。ちなみにこのキャラクターは「南紀勝浦樹紀」。声優さんと共に南紀勝浦温泉の観光大使に任命されています。画像では分かりにくいですが、声優さんのサインもありました。

f:id:etavonni:20190526115945j:plain:わーい、温泉むすめだ!

f:id:etavonni:20190526115405j:plain:温泉むすめについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

onsen-musume.jp

どこの温泉に行くか迷ったら参考にしてみてもいいかもしれません。

f:id:etavonni:20190609120832j:plain:でも完全に男性向けの企画だよね。

f:id:etavonni:20190526120038j:plain:それは仕方あるまい。ちなみに、南紀勝浦だけでなく、有馬や道後なども温泉むすめが観光大使に任命されています。

さて、食事の感想に行きたいのですが、残念ながら、ビュッフェ形式だったので自分が取った食べ物の画像を載せることしかできません。

f:id:etavonni:20200810140145j:plain

f:id:etavonni:20190609120832j:plain:海鮮メインってことくらいしかわからないね・・・。

f:id:etavonni:20190609120630j:plain:実はこのホテル、食事に関しては楽天トラベルでも酷評されていたので、ビュッフェである程度食べたらホテル内にあった和歌山ラーメンの店で口直しでもしようかと思っていたのだが、マグロの寿司、ブリ・マグロの刺身など、言うほど悪くもなかったぞ。とんでもなく混雑していたことを除けば不満はなかった。

他にはこんなものを食べた。

f:id:etavonni:20200810140814j:plain

f:id:etavonni:20190609120832j:plain:とりあえず、食べ放題だからって節操なくいっぱい食べたことだけは伝わったよ。

f:id:etavonni:20190526115742j:plain:しかし、食事とともに酒を味わえなかったのは不満だったから、食後にもう一つの洞窟温泉、玄武洞に入りに行って湯上りのビールをもう一回味わったぞ。

f:id:etavonni:20190609121128j:plain:勝浦と言えば観光地でもあるけど、海を見に行ったりはしなかったの?

f:id:etavonni:20190526115405j:plain:海など行く途中で車からいくらでも見えたからな。実は南紀勝浦に温泉旅行するのは二回目なんだ。その一回目で果たせなかった目的を今回は果たしてきた。

f:id:etavonni:20190526115703j:plain:目的?

f:id:etavonni:20190526120217j:plain:那智の滝を見ること、だ。前回勝浦に行ったときは大雨で行く気がしなかったからな。

ホテル浦島の駐車場からは6~7キロ離れたところにあります。混雑はしていましたがそこまでアクセスは悪くありません。

f:id:etavonni:20190526120139j:plain:なるほど、一回行こうとして天候で諦めたんだね。なるほど、今回もリベンジだったんだ。よっ、観光地リベンジャー!

f:id:etavonni:20190526133341j:plain:うるさいな。とにかく無事に日本一と言われる那智の滝は見てきたぞ。

f:id:etavonni:20200810142259j:plain

ちなみに安倍晴明ゆかりの地でもあるようです。

f:id:etavonni:20200810143022j:plain

f:id:etavonni:20190526115945j:plain:おめでとう、またひとつ人生でやりたかったことを消化できたね。

f:id:etavonni:20190609120924j:plain:そうだな。さて、南紀勝浦の記事はこれで終わりです。

f:id:etavonni:20190526115945j:plain:夏休み後半の予定はもう決まってるんだよね?

f:id:etavonni:20190609121405j:plain:ああ、石川県の山中温泉と新潟の越後湯沢温泉だぞ。久しぶりの二泊以上の旅行だから楽しみだ。

では、今回も、読んでくださった方がいらっしゃれば、ありがとうございました!

 

【箱根強羅温泉】久しぶりの温泉旅行

f:id:etavonni:20200125155725j:plain:実に4か月ぶりに温泉旅行に行ってきたので、やっと記事が書けます。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:よかったね、のみずさん。で、今回の行き先は?

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:箱根の強羅温泉だ。湯本の温泉には一応入ったことがあったが、強羅は入ったことはなかったからな。ロープウェイで行ったことだけはあったのだが。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:そういえば、前に箱根に行ったときは色々失敗したんだっけ?

 

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:うむ、前に記事にした通りだ。

www.onsen-engei.com

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:今回は宿選びも失敗しなかったし、ちゃんとえう”ぁ屋も開いていたぞ。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:じゃあさっそく強羅温泉の感想に行ってみよー!

f:id:etavonni:20190609120924j:plain:その前にとんでもなく長い車での旅になったので途中休憩で食べたうな重を紹介させてくれ。浜松の近くのインターで食べたぞ。流石静岡、ウナギは美味かった。

f:id:etavonni:20200726130420j:plain

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:おお、いいモノ食べたね!

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:さて、強羅まで話を進めて……。まず、強羅は神奈川の山の中にあります。いくら田舎とはいえ、東京に近いので自分が住んでいるあたりよりコロナへの対策が厳しく感じました。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:もうコロナの話をするのはやめようよ。いい加減聞き飽きたよ。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:そうだな、まず、強羅に行ってみての第一印象ですが、アクセスそのものは田舎だけあって、結構不便です。あと、温泉地に着いた途端、車の中でも分かるくらい、すごい硫黄臭がしました。今回泊まった宿はこちらです。

miz-k.xyz

「瑞の香り(みずのかおり)」と読みますが、「硫黄の香り」に改名した方がいいんじゃないかと思うくらい周りには硫黄臭がしました。

部屋の様子はこんな感じ。外観は洋風でしたが、部屋は純和風でした。

f:id:etavonni:20200726131240j:plain

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:おおっ、これはいい感じ! やっぱり温泉旅館と言えば、こんな風な畳の和室がいいよね。

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:部屋の名前も花の名前がついていて、趣深い感じだったぞ。あとは後は客室の前にこんなものがあった。

f:id:etavonni:20200726131640j:plain

「ちっちゃなとしょかん」と書かれ、本棚があった。普通の小説もあったが、「北斗の拳」「ゴルゴ13」などの漫画もあったな。個人的には「GOSICK」が置いてあったのがポイント高かった。2011年にアニメ化もされたな。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:♪耳元でささやき~ 呼ぶ声に 振り向けば~ ヒロインが悠木碧さんだったね。

f:id:etavonni:20190609123756j:plain:アニメの話になると急にテンション上げるの止めろ。さて、メインの温泉の感想に行きます。

f:id:etavonni:20190609123149j:plain:一言で言いましょう! 「熱い!」 そして、乳白色に濁っていて、番頭さんも自慢の濁り湯でした。熱い風呂好きの自分としては入り心地としては最高でした。

f:id:etavonni:20190609123110j:plain:乳白色ということは、乳頭温泉や有馬や伊香保の銀泉と同じだね。そんなにお湯が熱かったの?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:それはもう、熱かった! あとは自分以外誰も入っていなかったので、湯船は小さいながら独占できたのが嬉しかったな。夕食前に二回も温泉に入ってしまった。自分以外に泊まっていた客は2組だけだったようだ。そういえばこの宿は自動販売機はあったが、ビールなどのアルコールはフロントで注文して部屋まで持ってきてもらうという多少風変わりなシステムだった。

f:id:etavonni:20200726133353j:plain

まあ、生ビール好きだからいいんですけど。おつまみまでついてました。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:長時間運転の後の温泉、そして、ビール! 夏場の最高の贅沢だね。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:なにをいう、冬場でも最高の贅沢だ。さて、夕食の紹介に行きます。

メインディッシュはおつくりと地場産豚の陶板焼きだった。

f:id:etavonni:20200726133857j:plain

f:id:etavonni:20200726134013j:plain

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:なにか、箱根というか、強羅ならでは、ってものは出なかったの?

f:id:etavonni:20190609131957j:plain:それに関しては、地酒「箱根山」を頂かせてもらった。

f:id:etavonni:20200726134310j:plain

あっさりした口当たりで呑みやすかった。

ちなみに強羅の隠れた名物として、とんかつがある。こっちは前の旅行で食べたので、今回は見合わせたな。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:後ろに移ってる前菜も美味そう。

f:id:etavonni:20190609131236j:plain:うむ、美味かったぞ。さて、朝風呂は翌日目的地があったので遠慮しておいて、朝食の紹介に行こう。メインは魚の開き、こちらも純和風な朝食だった。

f:id:etavonni:20200726134946j:plain

f:id:etavonni:20190526115335j:plain:別の目的地?

f:id:etavonni:20190526120038j:plain:箱根湯本駅にある「えう”ぁ屋」だ。まあ、今回の箱根旅行の目的の半分はこれだったな。

f:id:etavonni:20190526114353j:plain:前に行ったときは大晦日で閉まってたんだっけ?

f:id:etavonni:20190526114423j:plain:その通り! かき入れ時の観光シーズンに閉店してるとかどういう了見だ。とにかく、今回は無事えう”ぁ屋で買い物ができた。

等身大綾波レイのフィギュアを撮ってきたぞ。なぜ冬服っぽい制服を着ているのかは謎だが。

f:id:etavonni:20200726135812j:plain

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:ホントにエヴァグッズばっかり売ってるんだねー

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:行ったことがない人にすればその店舗のあまりの小ささに驚くだろうな。新劇場版が公開直後だったならもっと混んでいたかもしれん。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:2020年6月公開予定がコロナの影響で延期になったんだよね。ああ、またコロナって言っちゃった。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:買ったお土産も紹介しておこう。まずは自分向け。

f:id:etavonni:20200726140240j:plain

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:綾波レイのTシャツかあ。着るの? 恥ずかしげもなく。

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:着る。そしてこちらはこういうお土産を喜ぶ友人向けのお菓子だ。

f:id:etavonni:20200726140512j:plain

f:id:etavonni:20190609123613j:plain:総じて楽しい旅行だったようで何よりだよ。僕も温泉行けない行けないで愚痴ばかり聞かされるのはゴメンだからね。

f:id:etavonni:20190609122553j:plain:たまごの言う通り、温泉行けないムードはやっと解消できてきました。コロナについてはここでは趣旨ではないので多くは語りません。ただ、観光地の人ごみに行っても中国人は減った気がしました。

f:id:etavonni:20190609124926j:plain:(話がやばい方向に行く前に)じゃあ、次も温泉旅行の予定が決まってるんだね!

f:id:etavonni:20190609125036j:plain:うむ、8月のお盆前半に、まず那智勝浦。そして後半に加賀の山中温泉、そして新潟の越後湯沢だ。越後湯沢は前に予約を入れた途端、「団体客が入ったからキャンセルお願いします」という電話がかかってきたので、ここも箱根同様リベンジ温泉だな。

f:id:etavonni:20190609121128j:plain:のみずさんって温泉のリベンジばっかりやって生きてない?

f:id:etavonni:20190609122115j:plain:生きてるが、それでいい、と思う。それでは、今回も、読んでくださった方がいらっしゃったら、ありがとうございました!

f:id:etavonni:20190609122520j:plain:ありがとうございました!

 







 

温泉紹介記事のこいつらに出番を・・・

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:ねえのみずさん。前回は温泉いけないとか日々の愚痴に終始した記事を書いてたけど何か温泉ネタでいいことでもあったの? 温泉ネタでない限り僕たちでてきちゃいけない気がするんだけど。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:そうとも、我々は温泉記事専門だ。だがブログ主がどうしても私たちを通じて報告したいことがあるらしい。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:どうせくだらないことなくせに・・・。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:そう言ってやるな、コロナの影響で仕事さえできず心が折れそうになっている間の唯一の心の慰めなんだ。

f:id:etavonni:20190609130700j:plain:「仕事さえできず」って、コロナでそこまで影響受けてるの?

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:間接的にだがな、仲介業者が動いてくれなくて身動きが取れん! そんな仕事の暇を埋めるべく新しい小説のネタ、そして発表場所を見つけたのだ!

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:まだ懲りずに小説書いてた訳・・・しかも仕事中に? 僕もうこの人の助手辞めたくなってきたんだけど。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:サイト「カクヨム」にて不運にも交通事故で死んでしまい、自分を連れに来た死神があまりに美少女だったから恋をしてしまった大学生の物語だ。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054898044275

前回載せたファンタジー小説よりは読みやすさに気を使ったつもりだぞ。

f:id:etavonni:20190609130225j:plain:この人、一回脳の検査受けた方がいいんじゃ・・・

f:id:etavonni:20190609130415j:plain:安心しろ、脳の血管に異常があることはすでに検査結果で出ている。故に献血もできない。

f:id:etavonni:20190609131636j:plain:ようするにのみずさんって頭おかしい人だったんだ? なんかなっとくいったよ。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:ああ、もう、頭おかしくてもいいから私の新作「臨死状態で死神美少女に出会ったら転生するんじゃなく、恋しちゃいました!?」をよろしく頼む。

f:id:etavonni:20190609125255j:plain:たしかに頭に虫でも湧いてないと出て来ないタイトルだね。

f:id:etavonni:20190609125527j:plain:現在2話まで公開中、よかったら読んでやってください。短いので。

それでは、今回はこの辺で。コロナが落ち着くまでは仕事にも影響出てかなり狂った記事が続くとも思いますが、どうぞよしなに。



 

あまりに旅行に行けな過ぎて小説を書いていた話

ほら、私って温泉感想ブロガーじゃないですか。

でもコロナコロナで温泉いけないんですよ。せめてドライブしようにも他県ナンバー荒らしなんて怖い言葉も聞こえてくるんですよ。

 

だったらもう一件のブログテーマのガーデニングについてでも書けばいいじゃないって自分でもそう思うんですよ?

でもね、わたし、社宅に住んでるんです。社宅。今まで映した花とか多肉植物とかの写真皆会社の所有物の中で書いてるわけです。

で、最近外国人研修生多いんです、うちの会社。外国人研修ってとりあえず社宅に住ませるんです。だから、ベランダでガーデニングなんてしてようもんなら「〇〇サン、オハヨウゴザイマス。オデカケシナインデスカ? ナツヤスミ(GWのこと)デスヨ」なんて声をかけられるんです。

 

オデカケどんだけしたいと思っとんねんボケェ!

GWに有馬と道後に湯治に行く予定は旅館から「申し訳ありません。知事が館閉めろって言うんです・・・」っていう切ない電話を貰ってお流れだわ!

どこに行くのにもマスクマスクマスクで、ろくに出かけることもできないストレスを、

何にぶつけたらいいかってことで。

 

10年ほど前から書いてた小説を書くことにぶつけました。

 

知ってる人は知ってると思いますが、「小説家になろう」ってサイトです。

あすこに投稿するためにロートデジアイ指しながらWordで小説書いては推敲し、書いては推敲し、なんて日々を送ってたんですよ。しかも仕事まで暇にされて仕事中も温泉旅行のこと考えると発狂しそうになるから小説のこと考えるんですよ。

 

そんなことしてるうちにようやく1本出来上がりました。小説をアップロード迄しちゃいました。最終話にどうなるかもう決まってるんでエタることはないはずなんですけどついに禁断のなろうデビューしちゃいましたよ!

 

ちなみにペンネームは天野 珊瑚。昔読んだ好きな小説の主人公の名前を漢字にしただけです。

ちなみにサイトはここ↓ まだ全然序章だけど読みたきゃ勝手に読んでください。

https://ncode.syosetu.com/n7076gg/

 

来月はまた中国人研修生の面倒見て、ストレス溜めて心療内科行って、せめて、お部屋で育てられる身にバラの育成キット買ったんです。

 

あー、もう苛立ちが極限に達してるから書きますけど、私の温泉情報サイト読んでも温泉旅館が再開してるかどうかなんて書いてませんからね!?

最近アクセス数が妙に増えてて不思議だなあと思ったらそう言うことかよ、と。

 

いーもん、7月は箱根強羅の温泉旅館で豪遊した記事を載せてやるからそれまでは小説でも書いて過ごすもん。

 

あー、すっきりした。